クラウドファンディングのサービスとは?厳選6選

TOP > クラウドファンディングのサービスについて > クラウドファンディングのサービス会社を選ぶなら

クラウドファンディングのサービス会社を選ぶなら

クラウドファンディングを利用するにあたり、どんな形で利用するのかを確認しておくことが重要です。
例として、寄付金を募るサービスを提供しているサイトを利用するのか、商品購入をする形のサイトか、資産運用などのようにファンドの投資や、融資を行うタイプを選択するのかによって、選ぶサイトは大きく異なりますので、あらかじめ確認してください。
寄付型の場合は社会貢献が一番のポイントとされているため、リターンのことを考えないようにすることが必要です。
もちろんサービス内容によってはカードが返ってくるなどのリターンは存在しますが、基本的には何もないと考えたほうがいいでしょう。
商品購入の場合は金額によって購入する商品が異なってきます。
購入する商品の種類や、商品の金額をよく見てから利用したほうがいいでしょう。
なお、これらのサイトを活用するにあたり、支払方法などについて把握してから実行することが望ましいといわれていますので、参考にしてください。


融資型クラウドファンディングを希望する場合、どのような物件があるのか、どの程度のリターンが返ってくるのかを検討して選びましょう。
特に特化しているサイトの場合、物件によってどれくらいのリターンがあるのかは異なります。
不動産案件に特化している場合や、店舗に特化している場合など、多数の特化型が存在しているため、どのような形で運営されているのか、どれくらいから融資できるのかを把握し、申し込むことが必要です。
また、支払い方法などについても理解しておくことが必要となるでしょう。
運営する会社によっては金融機関の子会社などが存在しています。
どの程度安定した運営を行っているのか、どれくらい収益があるのかなどについて把握しておくことで、リターンへの期待が大きく高まるでしょう。


投資型については、プロジェクトに対して出資を募る方式で、事業の成果に応じて分配金が変動する形となります。
ただし、事業の成果によって分配金が異なる以上、確実にリターンがあるとは言い切れません。
利回りに関しては事業の成否にかかっているため、利回りが一切帰ってこないリスクも理解して出資したほうがいいでしょう。
なお、地域の事業者に対して社会貢献となる側面もあるため、通常の融資よりも人気が高いといわれています。
また、事業がうまくいった場合、事業主が提供している物やサービスなどが分配金とともに提供されることも少なくありません。
被災地の支援で始まったといわれており、人気が高いです。
利用するときには運営している会社の安全性や、個人情報流出などがないか確認し、申し込みましょう。

次の記事へ

カテゴリー